充実の診療内容が嬉しい

メンズ

治療は心と薬を軸に

心の風邪と呼ばれるほか、近年では脳の病気とも言われる鬱病ですが、東京でも精神科や心療内科でその治療が提供されています。精神科は不安感や苛立ちといった心的疾患の治療を主とし、心療内科は精神由来の身体疾患の治療を主とする専門科目です。ただし東京にあるメンタルクリニックは両方の科目を取り扱っている医院が多いため、実際はそれほど厳密に区別して通院先を選ばなくても良いかもしれません。何れに致しましても、双方の診療科では患者の主訴を中心に治療が行われ、少しでも症状が良くなるよう、心理療法と投薬治療を軸とした治療が提供されています。東京の精神科や心療内科では様々な心理療法が受けられ、カウンセリングでは自分と向き合い、少しずつ歩んで悩みの解決に取り組みます。そして、認知行動療法では履き違えた認識を正しい方向へ導いてくれ、否定的な思考を解きほぐしてくれるのです。そのことで発想や行動に変化を促し、直面する問題に対応できるようにする治療内容となっています。そのほか、ミニチュア模型を使った箱庭療法など多岐に渡りますが、実際にどの心理療法が提供されているかは、個々の心療内科によって異なります。一方、心療内科では身体疾患の治療として、鼻炎や喘息といったメンタル由来のアレルギー症状も診てくれるので安心です。同様に便秘や下痢なども治療対象のため、精神的な問題から消化器官にトラブルが出ている際は、東京の心療内科で治療すると良いでしょう。